スポンサーサイト

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 為替ブログへ

FX用語集【さ行】

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



FX用語集【さ行】
差金決済:現物の受渡しを伴わない、差金の授受による反対売買を言います。
指値:売買注文を出すときに、値段を指定すること。もしくは指定した値段です。
ショート:ある通貨を売り持ちにしている状態をいいます。たとえば、ドル/円で「ドルショート」という場合は、ドル売り・円買いを行なっていることを意味します。
順張り・逆張り:相場の方向性に沿って取引することを順張り、相場の方向性に逆らって取引することを逆張りといいます。
ジーティーシー(GTC):自分からキャンセルの連絡をするまで有効な注文方法です。
市場介入:各国の中央銀行等が為替レートを一定に維持、もしくは動きを変える目的で取引に参入することです。
主要通貨:世界の外為市場で取引量の多い通貨をいいます。ドル、ユーロ、円、ポンド、スイスフランなどを指します。
証拠金率:証拠金を設定するときの掛け率のことです。
信託保全(しんたくほぜん):外国為替証拠金取引を行うためにその担保として取引会社に預けられる証拠金を取引会社の資産とは別に信託銀行に信託する事を言い、万が一、会社が破綻した場合でも、信託財産の範囲内で債権者が強制執行・仮差押・仮処分を行うことができなくなり預けたお金は保全されます。
スクエア(Square):外国為替取引で売りと買いの持ち高をイーブン、つまりゼロにすることをいいます。
ストップロスオーダー:失を確定し、ポジションを決済するための注文方法です。
ストップオーダー:逆指し値注文のことを指します。
スプレッド:FX取引会社が提示する「買値(アスクまたはオファー)」と「売値(ビット)」との差額をスプレッドと呼び、取引会社の利益となります。通貨ペアによって異なりますが、取引会社によっても違いがあります。たとえば為替レートが「120.15―20」の場合であれば、スプレッドは5銭ということになるります。
(1銭は100円。)
スリッページ:ストップオーダーの成立時に生じる指定したレートと実際に成立したレートとの差をいい、相場の急落、急騰などの相場状況により、このスリッページが大きくなる場合があります。
スワップポイント:取引をした2通貨の金利差をスワップといい、高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば差引で金利を受け取り、逆の場合は支払うことになります。
スワップポイントとは、その受け取り金利と支払い金利を1日・1万通貨当たりで示したものです。
損切り:損を確定するために、もっているポジションとは反対方向(買っている場合は売り、売っている場合は買って)の売買を行うことです。


にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーサイト

FX用語集【か行】

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|




介入:各国の中央銀行が通貨防衛のために行う大規模な取引。レートが大きく動く要因になることが多いです。
カントリーリスク:政治リスクともいわれ、投資における相手国の信用度を指します。
外貨準備高:国が保有している外貨や金などの合計額です。
為替レート:為替レートとは、異なる通貨を交換するときの比率のこと。
キウィ:ニュージーランドドル(NZドル)のことです。決してフルーツではないです(笑)
基軸通貨:各国の当局が外貨準備高として保有したり、企業、個人が国際間取引で広く使用している通貨。現在は米ドルが基軸通貨となっています。
機関投資家:生命保険会社や銀行、信託銀行、証券会社、年金基金、ヘッジファンドなど、個人や法人から預かった資産を運用することを業務とする法人のことです。
逆指値注文:指定価格を超えたら買い注文、指定価格を下回れば売り注文を出すこと。
キャンドル:カナダドルのこと。 またまた、ローソクではないです(笑)
キャリートレード:低金利の資金を借りて、より金利の高い資産で運用する投資手法のことです。
クロス取引:米ドルを介さない為替取引のこと。
気配値:外国為替市場で取引されている水準レートです。
現受け・現渡し:FX(外国為替保証金取引)などで、買いポジションをもっている外貨を、差金決済するのではなく、外貨でそのまま引き出すことです。


にほんブログ村 為替ブログへ

せっかくなのでFX用語集【あ行】

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



せっかくなのでFX用語集【あ行】
アスク(Ask):価格を提示するFX業者側の売値のこと。
買う側(トレーダー)はその価格で買うことにります。
維持証拠金:マージンコールの基準となる水準で、口座に維持しておかなければならない金額のこと。
イフダン(If Done):順位付けした二つの指値注文を同時に出し、優先した注文が成立した後、自動的にもう一つの注文が有効になる注文方法です。
インターバンク市場:銀行間取引のことです。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。
参加者は、直接または間接(仲介:ブローキング)に通貨を取引します。
受け渡し(デリバリー):差金決済をせず、取引対象となる通貨を受け渡しにより決済すること。
円キャリートレード:円を低金利で借り入れて、より金利の高い資産を運用する投資手法のこと。
円安の要因になります。
円高・円安
円高は円の対外価値が上がること。
円安は円の対外価値が下がること。
オーシーオー(OCO):同順位の二つの指し値注文を出し、一方の注文が成立したら他方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。
オージー:オーストラリアドル(豪ドル)のことを指します。 ビーフfではないですよ(笑)


にほんブログ村 為替ブログへ

FXの基本戦略って

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



FXの基本戦略って
初心者の為のFXにおける基本戦略は、FXとは・・・FXそのものを理解することから始めるといいでしょう。
外国為替とは、から理解しましょう。
FXの基本を習える、FX会社でみるといいでしょう。
どこのFX会社でも基本は同じです、先ずは学ぶことが大事です。
為替の差益を狙うことがFXの基本戦略になります。
利益が生じるようにするには、円安のときにドルを買って、値上がりしたら売るのです。
より大きな利益をとるためにはレバレッジを使うとよい。
ただし注意が必要で、むやみなレバレッジはしないということです。
ハイリスク・ハイリターンをさけるためにも、損失は覚悟の上での取引が必要になりますが、できるだけ最小限に抑えたいので早めの利益確定が好ましいです。
その他にスワップ金利も有効に使いたいものです。
スワップポイントは2カ国間の金利差ですが、ポジションを持っている間は毎日スワップ金利が発生します。
金利の高い外資を円で買うことによってスワップポイントがプラスされます。日本は金利が安いので・・・。
基本戦略というのは上記の為替差益とスワップ金利の両方で利益獲得するのが一番いい方法なのではないでしょうか?


にほんブログ村 為替ブログへ

FX負ける人の特徴とは

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



FX負ける人の特徴とは
投資で損失を出す人、負ける人というのはFXに限らず、共通のパターンがあるみたいです。
FXをするには理由があり、早く言えばお金を儲けることが第一目的の人が多いはずです。
巷ではビギナーズラックという言葉の通り、FXに限らず初心者は利益を出している期間が続くと欲が出てきて、もっと欲しいという根性が生まれてくるようです。
そのためFXの特徴であるレバレッジをどんどん倍率の高いもので取引をするようになり苦しくなる。
ギャンブルでどんどんつっこむ心理状態と同じなのでしょうね・・・
ご存知のように高いレバレッジで取引をすると勝てば大きな利益が生じますが、負けると大きな損失が出ます。所謂ハイリスク・ハイリターンですね・・・。
自己資金ギリギリやそれ以上のレバレッジをかけると、負けたときの損失は、いうまでもありません。
為替相場というのは24時間稼動し続けているもので、毎回うまくいくわけでもなく、ロスカットに・・・
てな具合に損失がでるのは、レバレッジのかけすぎによるものが多いといえます。
その他、相場が下がると、深く考えずに買い増しをする人も負ける特徴のひとつといわれています。
ここで大事なことは大きく儲けるよりも損失をいかに小さく抑えるかがFXで勝つためには重要なことといわれています。


にほんブログ村 為替ブログへ

FX取引に必要な経費は?

|`ΦωΦ| 0からはじめる為替(FX)講座ブログ【目次】 |ΦωΦ`|



FX取引に必要な経費は?
FX取引にかかるコスト2つあります。
FX業者に支払う取引手数料というのが1つ目のコストです。手数料は1回の売買ごとにFX業者に支払う取引の際のお金です。
もう一つのコストはスプレッドというものです。
スプレッドというのは、FX取引では外貨の値が「Bid(買値)115.00-03 Ask(売値)」と、こののように表示されます。
Bid(買値)というのは「この値段で買いますよ」という買いたい側の提示額でAsk(売値)は「この値段で売りますよ」という売りたい側の提示額になています。
FX取引の際はBidとAskが同じ値段で表示されず少し差が空きます。
この同時に提示される2つの値段を、「2WAYプライス」と呼び、この差額をスプレッド(幅)と言うのです。
スプレッドの見方⇒「Bid(買値)115.00-03 Ask(売値)」と表示されている通貨ペアの場合、スプレッド(幅)が3銭と見ます。
取引手数料0円のFX業者でスプレッド幅が3銭の場合、往復取引コストは「取引手数料0円+スプレッド(幅)3銭(1銭=100円)=300円」のみとなり、買値から3銭上がったら取引コストはゼロに、そこから上がった分は全額利益になります。
スプレッド幅が狭い通貨ペアの方が取引しやすく一般的には人気が集まります。
すぐに利益が出るから扱いやすいですよね。
コストの総額は、このスプレッドと取引手数料を合わせた金額ということです。


にほんブログ村 為替ブログへ
リアルタイムチャート
IFOでFX注文
プロフィール

雪猫@自宅警備隊

Author:雪猫@自宅警備隊
最近はPC買う時は電器屋さんよりもネットで買った方が圧倒的に安いデスよね!!イイ時代になりました♪とりあえず引籠り脱出用に外で仕事できる用にEM注文しました!安かったのでご紹介♪まぁまぁ見てください♪




まずは取引用の口座を確保
手数料も安く使いやすいネットバンク

最新記事
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
8256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
FX
3143位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
口座開設バナー①
①:GFT
口座開設バナー②
1:イニシア・スター証券株式会社
リンク
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。